Pocket

お疲れ様です。トーヤです^^

 

いきなりですが3つの質問があるので
素直に答えてください。

 

・今の仕事は好きですか?

・今の仕事を10年間続けたいですか?

・日曜(休日最終日)の夜、また翌日
 から仕事に行くことが楽しみですか?

 

いかがでしょう?

 

1つでも自信を持って「はい」と
答えられなかった方。

 

最悪の未来が
 待っているかもしれません。

今回はそんな「仕事」について
お話しますが、単なる感情論ではなく

解説していこうと思います。

 

今大手会社が次々と赤字をだしたり

終身雇用はできないとささやかれるなど

 

企業安定時代は終わりと言えます。

 

目をそらさないでください。

気づかないフリをしないでください。

 

「自分の会社は大丈夫」と
都合よく考えないでください。

 

このまま現実と向き合わないままだと

 

40代、50代と家族を養わなければ
ならない年齢でリストラされたり…

 

 

やっと地位を手に入れたと思った瞬間
会社が倒産したり…

 

家族には愛想を尽かされ離婚…

転職活動に明け暮れる日々…

 

 

なんてことにもなりかねません。

 

ですがこれからお話する内容を理解し、

 

好きなことを仕事にすることの
重要性に気づくことができれば、

 

リストラされる不安から解放され、
好きなことを仕事にしてストレスなく
充実した日々を過ごすことができます。

 

 

それでは「好き」と「仕事」に
どのような関係があるか順に説明します。

 

1:AIと高齢化社会がもたらす影響

 

近年嫌でも耳にする、
「AIの導入」や「超高齢化社会」

これらがどんな影響をもたらすのか
自論も含め簡単に説明します。

 

【AIの導入がもたらす影響】

「AI(人工知能)」の導入で多くの
仕事はAIで代替できると言われています。

 

 

AIによって仕事が減っていく未来は

もはや避けられないでしょう。

 

【超高齢化社会がもたらす影響】

みなさんもご存知の通り、日本は
「超」高齢化社会へ向かっています。

 

2050年には日本の人口の45%が
60歳以上になると言われています。

 

労働者の減少を防ぐため、国は
定年退職の年齢引き上げを
段階的に実施しています。

それこそ、2030年ごろには
定年=70歳になる可能性もあります。

 

そうなると、定年の引き上げによって
「(生活のために)働きたい」という
労働への需要は変化しないでしょう。

 

こうなると1つの矛盾が生まれます。

『AIによって仕事は減るのに
 働きたい人の数は変わらない』

ということ。 

 

つまり、需要と供給のバランスが崩れ

AI導入後に残った仕事を
定年未満の人々で奪い合う
未来が来ることになるのです。

STEINS;GATE 0_20160403050719

 

2:3つの質問の意図

 

冒頭にした3つの質問の意図
説明します。

・今の仕事は好きですか?

・今の仕事を10年間続けたいですか?

・日曜(休日最終日)の夜、また翌日
 から仕事に行くことが楽しみですか?

 

おそらく多くの人が全てに「はい」とは
答えられなかったのではないでしょうか?

 

そんなあなたには
想像できないかもしれませんが…

 

全ての質問に自信を持って「はい」と
答えられるヤバい労働者が
少なからず存在するのです…!

 

あなたが働く業界にも

必ず彼らは存在しています。

 

そして、そんなヤバイ労働者と
同じ市場(マーケット)で働いている
ことを理解する必要があります。

 

そんな彼らとあなた、
どちらが良いビジネスができるか…

企業安定時代が終わり、
AIによって仕事が減った未来で
生き残れるのは一体どちらか…

 

残念ながら、会社に求められるのは
ヤバイ労働者たちでしょう。

 

ですが、

絶望する必要はありません。

 

彼らと同じ考え方で働けばいいんです!

彼らの思考はこうです。

今の仕事が大好き!!

この仕事なら死ぬまで続けられる!

休日もゆっくりできたし

明日からまた全力で働くぞ!

 

そう、彼らは「好きなことを仕事に」
しているんですね。

あなたも今の仕事で同じ考え方を
持つことはできそうですか?

 

もし難しいのであれば、

最悪の未来が訪れてしまう前に
好きなことを仕事にする必要があります。

その方法を下記にまとめます。

 

3:「好き」×「仕事」への道

 

いきなり「好きなことを仕事に」と
言われても思いつかないと思います。

ですが、「好きなこと」は必ず
「仕事」にすることができます。

 

おそらく多くの人が
仕事に繋がる好きなこと」を
考えてしまっていると思います。

 

そうではなく、まずは
好き」と「仕事(ビジネス)」は
別のもの」として考えましょう。

そう考えてみれば、みなさんにも
何かしら「好きなこと」があるはずです。

「好きなこと」が見つかったら

2つのことをしていきます。

 

まず1つ目は、

「好きなこと」をとことん
「好きになる」ことです。

 

休日は「好きなこと」にがっつり
時間を使い、「好き」を極めましょう。

そして2つ目が、並行して

 

「ビジネス」の勉強をすること。

 

この時は「好きなこと」から頭を離して
「ビジネス」だけを学んでください。

そうすることで、

不思議とどこかで「好き×仕事」の
ビジネスモデルが完成します。

 

例えば、コーヒーが大好きな人が
いきなりそれを仕事にしようとすると

『カフェ経営』

くらいしか思いつかないと思います。

 

ですが上記の方法でまずは

とことんコーヒーのことを研究し
合わせてビジネスの勉強をしていくと、

 

『完全受注でネット上でコーヒー豆を
 販売しつつ、厳選したコーヒー豆を
 紹介する個展を定期的に開催する。』

なんてビジネスが思いついたりします。

 

肝心な「ビジネスの勉強」については、
まずはネットで学ぶのがオススメです。

 

ネットビジネスと聞くとアフィリエイトや
ブログなど、やりたいことに繋がらない
イメージがあるかもしれません。

 

ですがお店を構えるリアルのビジネス
ネットで完結するネットビジネスも、

基礎となる部分は同じなんです。

 

いきなりリアルでビジネスをすると
初期費用や経営難などリスクがありますが

ネットビジネスはノーリスクで
ビジネスの基礎を学ぶことができます。

 

このようにして「好き」と「ビジネス」を
追求すると「好きなことを仕事にする」
ことが可能になります。

 

いかがでしょうか?

 

好きでもない仕事に人生の半分を消費し、
いつの間にかリストラされてしまう未来

 

好きなことを仕事にして自由に生きる未来

 

絶対後者の方が良いに決まってますよね。

 

時代は今この瞬間も動き続けています。
動き出すなら「今」ですよ。

 

みなさんが

好きなことを仕事にして自由に
生きていけることを祈ります。

最後までご覧いただき
ありがとうございました!

 

P.S.
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

Pocket

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事