Pocket

こんにちわ@@

トーヤです!

 

皆さんはスキマ時間って
普段なにをしていますか?

 

こんなこと言ってしまうと
『マジメ振るなよ…!』とか
言われてしまいそうですが、

 

ぼく自身はスキマ時間に、
しっかり勉強しています。

 

 

いやむしろスキマ時間で勉強するのが
メインといっても過言ではないほど
有効活用しているんですよね。

 

このスキマ時間活用方法は
一切疲労することなくできるんです。

 

 

いや僕がやってる3つの活用方法は
本当に疲れないんですよ。
超気軽にできて、効率もいいんです。

 

なるほどくん
いや…勉強はそもそも疲れるよ…

 

 

いえ!!

言い切れます。
超気軽にできるからこそ、
僕はこの学習方法を
1年も継続できているのです。

 

今日はそんな、ぼく自身がおススメする
学習方法について書いていこうと思います。

 

今回の記事を読むだけで…

  • スキマ時間を超有効活用できる
  • 効率のいい学習が簡単にできる
  • なまけちゃう人も毎日勉強できる
  • 忙しくても効率良く勉強できる

 

ちなみに、今回
スキマ時間活用術を取り入れるだけで
作業時間が今の倍以上短くなります。

 

例えばブログを2時間かけて
いつも書いている人は
たった1時間で書けるようになります。

 

 

単純計算で同じ時間で
2記事も更新できる余裕が生まれる
ということですね。

 

単純計算もう一つすると、
2時間で1記事、毎日更新しているなら
1か月で30記事。

 

これを1日に2記事書けるわけですから、
1か月で60記事。

 

1年で考えた時、もうヤバいですよね。
360記事が720記事、
360記事分も差が出てしまうわけですよ。

 

まあもちろん他の時間にあてても
全然いいと思いますよ。
例えばYouTubeとってもいいですしね。

 

 

しかも、この学習方法さえ取り入れれば
ブログやYouTubeのネタ切れとか
一切襲ってくることはなくなります。

 

チート級です。教えたくないレベルに…

 

一つ一つの作業の生産性も
効率もスピード感もモチベも
すべて爆上がりしてしまうので
もちろん成果もガンガンでてしまいます。

 

作業効率が爆上がりするということは
それだけ自由に過ごせる時間
比例して増えていくわけです。

 

 

毎朝快適な朝を迎え、
午前中には仕事を終え、
そして午後は自分の好きな時間に。

 

ジムに通って
トレーニングに没頭しても良し、

 

 

ジムと合わせてプールなんかも
この時期いいかもしれませんね。

 

 

夜は自宅でゆっくりバスタイム
バブとリラックスするBGMを流せば
最高の空間で過ごせますし、

 

 

お風呂から上がった後は
冷えたドクぺを飲みながら

 

アニメを1クール観る時間もできてしまいます

 

 

 

そんな理想の生活を送ることが
今回の学習方法を参考にするだけで
可能になるでしょう。

 

この生活めちゃくちゃいいですよね。
1度しかない人生を“ガマン”
生きてはもったいないと思うんです。

 

こういう生活を心から望んでいる方は
今回の学習方法をしっかりとマスターし
実行に移してみてくださいね。

 

今すぐ取り組める
内容になっているので。

 

それでは、レッツトライ!

 

 

3つのスキマ時間学習法

 

この3つの学習方法を
僕は普段、スキマ時間に行っています。

 

  1. 移動や食事はYoutubeで音声学習
  2. 良ツイートや良記事をブクマ
  3. シャドーイング(簡易的アウトプット)

 

 

なるほどくん
ブクマ?シャドーイング?

 

トーヤ
順に解説していくよ!

 

 

 

①移動や食事は音声学習

 

もうね、今すぐに
移動中に好きな音楽を聴くことや
食事中に娯楽動画を見るのはやめましょう。

 

そんなのはあなたがこれから
稼げるようになればいくらでも見れます。
ホントに、いくらでもです。

 

そんなムダな時間を過ごすのではなく
勉強に置き換えましょう。

 

とはいえ、人前ですし、
食事中のダブルタスクにはなるので

 

頭にちゃんと入ってくるように
音声学習をするのがおすすめです。

 

 

音声学習用に何かを
用意しているわけではなく
僕はYouTubeで音声学習しています。

 

通信制限とかを気にしちゃう人は
画質を最低にして、
画面もなんなら閉じて
耳だけで聞いてみましょう。

 

しかも1.5倍速~2倍速
聞き流してみてください。
かなりの時短になりますよ。

 

トーヤ
一つ!注意点があります!

 

注意点としては、
何を学習するのかを悩んでいては
その時間もムダになります。

 

僕は自分が参考にしたい人の動画を
迷わず片っ端から流していきます。

 

例え知っている内容でも、
自分のアウトプットの材料にしたり、
発信者側の視点で聞いたりしています。

 

気が付かなかったことも
知れたりするいい機会なので
考えずに片っ端から流してみてください。

 

 

②良ツイート・記事をブクマ

 

これも良くやっていることです。
自分が発信するときに、

 

良くモデリングしている人のツイートや
参考になりそうな記事を
ブックマークしているのです。

 

 

そして自分であとで振り返り
その型や戦略をとにかくパクる。

 

あ、もちろん全部じゃないですよ、
型だけとかタイトルだけとか
戦略とかを参考にしてるだけ。

 

Twitterであれば、

 

共有ボタンをタップすると
“ブックマークに追加”という
ボタンがあるのでそちらをタップ。

 

すると過去にツイートされたものが
自分のTwitter内のブックマーク履歴として
溜まっていくのです。

 

まあ保存の仕方は人それぞれですが
ぼくは一番これが効率いいかなと思います。

 

記事も同じように、
いつもモデリングしている方の記事を
自分のメモにURLを貼っておきます。

 

僕はチャットワークというアプリで
マイチャットという自分だけの掲示板
みたいなところに保存していますね。

 

これでいつも自分が
ツイート研究したり、記事書くときに
いつも引っ張ってきているわけです。

 

ネタ切れも起こさないし、
研究にもなるし、
時短につながります。おススメ。

 

 

 

③シャドーイングを使う

 

シャドーイングとは、
聞いた内容をそのままボソボソと
繰り返し口に出して覚える技です。

 

これだけでもアウトプットになり
記憶の定着率が飛躍的に上がります。

 

 

外では恥ずかしいかもしれませんが、
僕は他の人に聞こえないように
ボソボソとつぶやいています。

 

そして、シャドーイングだけだと
記憶の定着が不十分なので、

 

それをブログや
Twitterとかでもアウトプットしてる
といった感じですね。

 

僕の場合はコンサル生がいるので、
そのままアウトプットすることもあります。

 

やっぱり声に出すと全然違うし、
説明するってなると最強ですね。
もう二度と忘れません

 

 

このアウトプットができない人が
圧倒的に多いんですよね。

 

成功者はほとんどの人が
ちゃんとアウトプットして学んでいると
気付いているはずなのにやらないです。

 

僕から言わせてみれば、
“せっかく学んだのにもったいない”
この一言に尽きますね。

 

これも簡単にスキマ時間に使える
最強の学習方法だと思うので、
アウトプットまでしていきましょう。

 

分からなければとりあえず
シャドーイングからやってみてください。

 

 

 

今すぐあなたがやるべきことは?

 

スキマ時間をこのように
有効活用するだけで
かなり生産性高い1日
することができると思いますよ。

 

だからこそ、
今回の内容は今すぐに
実践できるものになっていますので

 

今回の記事でせっかく学んだのであれば
あなたの媒体で発信してみましょう。

 

 

めんどくさがらず、
後回しにせずに。

 

こういうところで後回しにする人は
結局やるタイミングを失い記憶に定着せず

 

結果的に時間をムダ
過ごしますからね。

 

 

それだけアウトプットは大切です。

だから僕のラインコラムは
アウトプットの場も
作っているんですよね。

 

調べても何が正しい情報かよくわからない。
調べるのに時間がかかって億劫だ。

 

なんて人に僕のラインコラムは
本当におススメかと。
勝手にケータイに届きますからね。

 

あとはその情報を勉強し
アウトプットするだけで、
ブログやビジネスの本質が学べます。

 

興味があればぜひ。

 

 

皆さんもスキマ時間をうまく活用して
生産性の高い1日にしていきましょう。

 

そうすれば自ずと
結果にも現れていきます。
何事も継続です。

 

発信を仕事にできれば、
本当にそれだけで
人生を変えることができるし、

 

何よりストレスフリーの状態が
最高すぎるんですよ。
何にも縛るものがないって。

 

 

ずっと夏休みみたいなもんですからね。
最高の引きこもり生活が待ってます。

 

 

なのでアウトプットまで、
今すぐ行動に移してみてくださいね。

 

あなたの行動力が未来を変えるかもしれません。

 

 

 

P.S.

最後まで見ていただき
ありがとうございました。

 

Pocket

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事